某衣料品メーカー
企業におけるOffice365の活用が拡大しております。その場合に困るのが、既存のメール環境からの移行です。
某衣料品メーカ様においても、自社設備を軽減する、外部からもメールを見たい等の要望が上がり、Office365への移行が検討されました。しかし、利用において、どこに注意したらよいのか、どのように切り替えたら良いかが分からず、お困りでした。

現状の課題・問題点

1.Office365は、標準の状態ではユーザやデバイスを用いたアクセス制御ができないという、セキュリティ上の課題があった。

Office365は、標準の状態ではアクセス制御はIPアドレス制限のみで、ユーザやデバイスで行うことができません。そのため、自社ネットワーク外からのアクセスを許可した場合、全ユーザに対して適応され、一部のユーザにのみ開放する、といった対応ができず、セキュリティ上の課題がありました。

2.既存メール環境からの切り替えステップが分からない。

既存メール環境は自社内にあり、Office365を使用する場合メール配送の切り替えや、既存環境にあるメールの 移行など、数多くの作業が必要となります。どこから手をつけてよいか、また、どのような順序で行うべきか、全体を把握することが非常に困難でした。

3.ユーザ管理が、社内ドメインとOffice365で2重管理となる。

Office365を標準で使用する場合、クラウド側でアカウントの管理が必要となります。社内にADドメインがあり、2重のアカウント管理になる可能性がありました。

ご提案ソリューション

・当社がOffice365の利用構成と移行プランをとりまとめ、移行プロジェクトを推進しました。

・既存メール環境からOffice365へのメール配送切り替えやデータ移行など、スケジュールを詳細に立て、関連パートナーと実行していきました。

・アクセス制御は外部サービスを組合せ、また、社内ドメインとOffice365を連携させるツールを用意し、また、その他の設定や作業などをPowerShellで自動化するなど、さまざまに組み合わせて、構成しました。

ご導入の効果

導入イメージ

効果1 》Office365へスムーズな移行が完了

当社がOffice365移行プロジェクトを請け負い、要件定義、全体構成の設計、スケジュール立案、移行作業を推進させて頂き、大きなトラブル無く、移行を完了いたしました。お客様には定期ミーティングを実施し経過をご報告し、ご判断や情報提供などを頂きました。

効果2 》外部からのアクセスはユーザ毎、デバイス毎に制御可能

Office365の標準状態ではカバーできなかった、ユーザ毎、デバイス毎のアクセス制御を、外部サービスを 組み合わせる構成を設計、導入させて頂き、実現いたしました。お客様との相談の中でサービスを選定し、そのサービスに応じた運用設計、移行プランを作成しました。

効果3 》アカウントの一元管理ができた

Office365の標準状態では懸念のあった、アカウントの二重管理を、外部ツールを組み合わせる構成を設計、導入させて頂き、一元管理を実現しました。お客様との相談の中でサービスを選定し、そのサービスに応じた 運用設計、移行プランを作成しました。